とにかく何か反応するシステム

実社会の活動では解は一意に決まらず、周囲の変化に対してInteractiveかつdynamicに反応する事が重要です。InteractiveなComputer システムのWatsonでは脳の1万倍の電力を消費し、DeepLearningも大量の学習Phaseが必要です。これに対して一意の最適な結果や operationではなくても、とにかく瞬時に何か反応するアーキテクチャを研究します。Granularはそのひとつで、データとProcssを一部 冗長に配置して、多重実行と将来の状態推定を繰り返すことで、即時反応や、レジリエント性を実現します