第2回 S2DH シンポジウム

3月19日に弓倉記念ホール(大阪大学歯学部)にて開催された、第2回S2DHシンポジウムにて、渡場特任講師が研究成果報告を行いました。

「秘匿データ解析のためのセキュアステージング技術 〜歯科医療へのAI活用に向けた高性能計算機サービス」

***概要***
本講演では、まず大阪大学サイバーメディアセンターの大規模計算機システムについて、最新のスーパーコンピュータであるOCTOPUS を中心にシステム構成やサービスを紹介した。
大規模計算機システムは歯科医療のAI活用における高性能データ解析のために有用な環境であるが、実際に利用が難しいというのが現状である。その理由として、解析で扱う医療データのような秘匿性の高いデータは病院内から持ち出すことに様々な制限がある点、および大規模計算機システムの計算資源は基本的に複数ユーザへの共用サービスである点といったセキュリティの観点があげられる。
そこで、秘匿データを大規模計算機システム上で安全にデータ解析を可能とする基盤の実現に向けて取り組んでいるセキュアステージング技術について発表した。

第2回 S2DH(ソーシャル・スマートデンタルホスピタル)シンポジウム

前の記事

Cyber HPC Symposium

次の記事

PRAGMA36 ポスター発表