全サイバーメディアセンターシンポジウム

12月26日(水)に開催された「全サイバーメディアセンターシンポジウム」にて、歯学部と共同で行っている、矯正治療必要診断・セファロ特徴点抽出・歯周ポケットスクリーニングなどのプロジェクト紹介を行いました。
Chonho Lee: Dental Screening towards Smart Healthcare

また、毎日新聞にて紹介されたAIによるヤシガニの個体識別システムAIによる白黒写真のカラー化の紹介も行いました。

日時: 12月26日(水) 13:30~17:45
場所: サイバーメディアセンター本館 (吹田キャンパス)
サイバーメディアコモンズ

全サイバーメディアセンターシンポジウム

【プログラム】
13:30-13:35 開会の挨拶(副センター長 森原 一郎)

13:35-14:00(コンピュータ実験科学研究部門)
– 准教授 宮武 勇登: シミュレーションの精度

14:00-14:25(全学支援企画部門)
– 助教 松本 哲: 全学支援企画とOU-CSIRTに関する報告

14:25-14:50 (サイバーコミュニティ研究部門)
– 講師 安福 健祐: 大規模可視化システムを用いた避難シミュレーションの開発

14:50-15:00(休憩)

15:00-15:25(先進高性能計算機システムアーキテクチャ共同研究部門)
– 特任准教授(常勤) Chonho Lee: Dental Screening towards Smart Healthcare

15:25-15:50(応用情報システム研究部門)
-講師 小島 一秀 : 箕面新キャンパスとSociety 5.0

15:50-16:15 (情報メディア教育研究部門)
– 教授 竹村 治雄: 共通教育カリキュラム改革における情報教育科目とPC活用の方向性について

16:15-16:25(休憩)

16:25-16:50 (大規模計算科学研究部門)
– 准教授 吉野 元: ベクトル型ビックデータの情報統計力学:その裏庭にあるガラス物理

16:50-17:15 (マルチメディア言語教育研究部門)
– 教授 岩居 弘樹: モバイルデバイスが言語教育を変える

17:15-17:40 (先端ネットワーク環境研究部門)
– 教授 松岡 茂登: (環境省事業)5G基地局を構成要素とする広域分散エッジシステムの
抜本的省エネに関する研究

17:40-17:45 閉会の挨拶(センター長 下條 真司)

前の記事

SEAIP2018 研究発表

次の記事

Cyber HPC Symposium